スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画とライブとゲームと。

■GUNDAM.INFO
・森本がーにゃのSDガンダムいんふぉ・・・Vol.18「がんばれ!ダークハウンド!!」公開。

☆リンク様巡回☆
■チャタローの翼様
・HG1/144 ゼダス 製作②
・・・ゼダス製作の第2回です。AGEのヴェイガン機は独特でかっこいいですよね!
■ろにくいごのデフォルメおもちゃ箱様
・レジェンドビービー 武者頑駄無
・レジェンドビービー 足軽璽武
・・・LGBB武者関係のレビューです。他にも細かく更新されてたりするので見てみてください(^^)/


>『おおかみこどもの雨と雪』とアクエリオンEVOLフリーライブ

おおかみこどもとアクエリオンEVOLフリーライブ

『おおかみこどもの雨と雪』観ました♪
狼男だった彼との間に産まれた雪と雨を育てる人間の母。
映画は母と2人の子供達の物語です。
ネタバレになるので詳しくは書きませんが、非常に爽やかな感動を感じる一作です(^^)
大きな派手さはないけれど、とても優しい物語です。おすすめ(^^)/

そして先日発売されたアクエリオンEVOLの2枚目のアルバムの発売を記念して行われたフリーライブに行って来ました(^^)/
AKINO with bless4さん達が出演する6曲ほどのミニライブでした♪
ライブ自体はフリーライブですが、CDを特定の店舗で購入した時にもらえるイベント参加件があればメンバーの皆さんとハイタッチと全6種からランダムの缶バッジをもらえるイベントに参加可能になっています。
で、もらったのがユノハちゃんでした。
個人的には当たり♪ユノハちゃんかわいかったよね~。

>P4U

P4U

ペルソナ4自体は遊んだことないのですが、アニメ見て好きになったので購入(^^)/
本編の2ヶ月後の話を描いているのですが格ゲーには珍しくストーリーモードがやたらとボリュームが多いです。
戦う部分がオマケかと思うほどのテキスト量です(笑)
もちろん他のモードでは格ゲー部分を堪能出来ます。

先行してアーケードで展開されていましたが私はソフトで初プレイ。
格ゲーが苦手でも派手に立ち回れるし、極めて行けばかなり戦略的な立ち回りも出来そうななかなかに懐の広そうなシステムで楽しいです♪

物語が思ったよりしっかりとペルソナしてますので格ゲーだからと言う点だけで購入見送った方にもオススメ出来るかも?

☆★Amazon商品リンク一覧★☆


☆★Amazon携帯版商品リンク一覧★☆
「アクエリオンEVOL」LOVE@New Dimension
ペルソナ4 ジ・アルティメット イン マヨナカアリーナ(PS3)
ペルソナ4 ジ・アルティメット イン マヨナカアリーナ 対応スティック for PlayStation3
関連記事

コメント

>ろにくいごさん ハルム : 2012/08/01 (水) 20:10:03 修正

コメントありがとうございます!

>おおかみこども
>手堅く作っているアニメ映画のが今のご時世にはあっているんでしょうかねぇ

随所に狼男と人間のハーフである子供達のシーンがあるんですが、本筋としては極シンプルな子育て母のお話なんですよね。
『サマーウォーズ』みたいな派手な展開になる設定はないものの、やりように寄ってはもっともっとファンタジーな展開に持っていけるところをしていないのは誰でも見やすい作品にしているのかもしれませんね。

>最近のアニメの映画は基本的に、テレビでもう1シーズンの続編となると視聴者が疲れてしまうからという理由からの映画で続編かスピンオフかというビジネスモデルになっちゃっているみたいですしね(汗

シーズンの続編ってさらに面白くしようとすると、あれやこれやと難しいですしね。
映画ならではの大規模な展開やノリがちょっと違っても特別感として受け止めやすい側面もあるんですかね。

>これはこれで細田監督によるまた新たな安定したアニメ映画ブランドが誕生しつつある感じなんですかねぇ

『おおかみこども』はより幅広い層を捕らえようとしている作品っぽいですしね。
背景の奇麗さも秀逸でジブリとはまた違った安定ブランドになってきたのかもですね。

細田監督の作品は今後も楽しみではありますね♪

 ろにくいご : 2012/07/31 (火) 00:05:22 修正

>おおかみこども
各所で絶賛されていたり興行収入がすごいことになりそうとかは耳にしていましたが、やはりすごいみたいですね
そのあたりは手堅く作っているアニメ映画のが今のご時世にはあっているんでしょうかねぇ
最近のアニメの映画は基本的に、テレビでもう1シーズンの続編となると視聴者が疲れてしまうからという理由からの映画で続編かスピンオフかというビジネスモデルになっちゃっているみたいですしね(汗
まぁそのあたりと比較するのもおこごかましいレベルだからこそのこの大ヒットなんじゃないかとは思いますが
なんにしても、この手の現象はジブリさんち以外にはあんまり発生しないだけに、これはこれで細田監督によるまた新たな安定したアニメ映画ブランドが誕生しつつある感じなんですかねぇ
海外にもファンがいるレベルにはすごいことになっているジャンルではあるみたいですし
     修正用パスワード :

管理人にのみ公開 :

トラックバック


<<前の記事へ ▲  次の記事へ>>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。