スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-異説解説-其の壱

三国伝-異説開伝-公開中
■三国伝-異説開伝-公開中

恐れ多くもスタートさせていただいた三国伝のオリジナルストーリ『異説開伝』。
そして物語と平行して展開させていただく解説記事がこちら『異説開説』となります。

『異説開説』ではオリジナルならではの設定などを、シーンの写真などを交えて語っていく記事となります。
文章中には今後のネタバレになることも多少含まれておりますのでご注意下さい!

さて解説第一回は序章にて展開した翔、機駕、轟、各国の武将の設定について補足させていただきます。
ではでは次ページからどうぞ!

三国伝-異説開伝- 序章1
■翔国当主 公孫瓚イージーエイト

私の物語では兄貴が翔国の当主となります。
劉備ガンダムが成長してゆく過程を描くため、兄貴の活躍を描くため、当主となっていただきました。
非常に民思いの良き当主様です。
能力的には兵法を使うなど原作の設定をベースにしています。

三国伝-異説開伝- 序章2
■翔国筆頭 関羽ガンダム&関羽隊 周倉ドーベンウルフ

翔国一の武将は貫禄たっぷりな関羽ガンダムさんで!鬼髭設定はまんまです。
周倉ドーベンウルフはアニメBBWでは出番があまりなかったですが、こちらではBB版の時の関羽隊の設定をベースにしつつ活躍の場を設けたいと思います。

原作では義兄弟の絆を結んだ劉備、関羽、張飛はこの時点ではまだ出逢っていません。
もちろん物語が進行する中で描いていこうと思っています。
ちなみに張飛ガンダムは翔の領地内には居ますが、軍には入っていませんので登場はもうちょっと先になる予定です。

三国伝-異説開伝- 序章3
■騎馬隊隊長 趙雲ガンダム&騎馬隊副長 馬岱ガンダム

趙雲ガンダムの一騎当千な馬術はこちらでも健在。設定は概ね原作通りの武将に。
そして外伝より、部下として原作で騎馬民族設定な馬岱ガンダムを登場させました。
彼には従兄である馬超ブルーディスティニーと生き別れになった設定を加えました。
彼らの故郷は董卓ザクによって滅ぼされたことに。
この物語では董卓はすでに倒された設定になっていますが・・・登場ありえるかも?

馬超に関しては原作以上に動いてもらおうかなぁ~と考え中です。
お楽しみに(^^)/

三国伝-異説開伝- 序章4
■三璃紗一の狙撃手 黄忠ガンダム&相棒 魏延マークⅡと厳顔ガンダム

黄忠ガンダムを中心とした、翔国老将三人衆です(^^)/
セットで活躍させたいところ!!
今気付いたんですが、外伝の武将たちが初期から登場しているのは翔だけだった(笑)
もちろん他の外伝武将も必要に応じて登場の可能性はありです。

三国伝-異説開伝- 序章5
■機駕国当主 曹操ガンダム&息子 曹丕ガンダム

曹操ガンダムのカリスマ武将設定はそのまま活かしました。
また創世記で明かされた洛陽公安隊の設定もチラリと盛り込みました。
機駕は三国一の国力を有する設定にしています。
今回序章では触れなかった曹丕ガンダムがここに写っていると言う事は・・・
曹丕の登場が序盤であることを暗示しています。
早くからの登場により、より深く父子の関係を描きたいところです。

三国伝-異説開伝- 序章6
■機駕国副将 夏候惇ギロス&夏候淵ダラス

2人揃って副将です。
彼らと曹操の関係性は原作からそのままです。創世記での設定も継承しています。

三国伝-異説開伝- 序章7
■曹操の信念に賛同する者 張遼ゲルググ

張遼ゲルググは最初から機駕国に配置しました。
かつては敵同士であり、負けた時に曹操からかけられた言葉をきっかけに曹操軍へと入隊します。
曹操の”武によって統一”すると言う信念を最も尊重する彼ですが、その強すぎる思いゆえに・・・。
その辺はまだ秘密に(笑)

三国伝-異説開伝- 序章8
■機駕国軍師団 司馬懿サザビー&郭嘉ヴァサーゴ&賈詡アシュタロン そして姜維ザク

軍師筆頭司馬懿サザビー、その弟子郭嘉ヴァサーゴ、そしてBBWでは機駕に入るまで描かれなかった賈詡アシュタロンの三人はこの段階で軍師団を結成しています。
オリジナルの物語とは言え、原作の武将設定に依存する部分がありますので司馬懿はもちろん・・・。
そして、気になるのが後ろに居る姜維!!
しかもザク姿であり、この時点では名前も姜維ザクとさせていただきました。
彼がこの姿で司馬懿たちの元に居るには理由があり、それは物語の開幕と共に明かされていきます。

三国伝-異説開伝- 序章9
■轟国当主 孫堅ゼフィランサス&爺 黄蓋グフ

轟の当主は孫堅ゼフィランサス。死なせたくない存在ではあるのですが・・・。
孫家の成長物語を描く上では誰かの死を乗り越える話は書かないとなぁ~と感じています。
ただし今のところ誰がどうとかは未定です。
黄蓋グフとの関係性はアニメBBWの設定をそのまんまです。爺やには初期から活躍していただきたいもんです!
虎錠刀についてはアニメのように黄蓋さんが管理。伝説の武器で最初から出てくるのも虎錠刀のみとなります。

三国伝-異説開伝- 序章10
■頼れる長男 孫策サイサリス&天才軍師 周瑜ヒャクシキ

孫策サイサリスの強さはこちらでも健在!
周瑜ヒャクシキとの絆は創世記での設定を活かしています。
ただし魯粛マークⅢの扱いは現時点では決めかねているため、同じエピソードではありません。
私の物語では孫策のみが孫権ガンダムの内なる力に気付いている設定を加えてみました。
彼は表向きは父や民の気持ちに応えるため次期当主として振る舞いますが、内では孫権のために行動する良き兄に。

三国伝-異説開伝- 序章11
■お姉さんな姫 孫尚香ガーベラ&お目付け役 陸遜ゼータプラス

今回根底の設定を最も変えたのが孫兄弟の設定です。
末っ子だった孫尚香ガーベラを孫権のお姉さんに変更しています。
原作では空回りな勇敢さで、物語の中で笑いを生み出す存在でしたが、こちらでは一転。
孫家の信念を継ぐ強き女性として、孫権の姉として力強い孫尚香を描きたいかと。
しかしこの設定昨日考えて急遽変更したのでした(笑)
陸遜ゼータプラスの姫様のお目付け役設定や、周瑜の弟子設定はそのままです。
ただし姫様を原作より強くしてしまったので彼の苦労はきっと増すことでしょう(笑)

三国伝-異説開伝- 序章12
■秘めたる末っ子 孫権ガンダム

孫家の一族は勇敢な設定が多い中、原作の通り戦い嫌いな設定はそのまま。
しかも末っ子になったことで更に立場は変化。
父、兄、姉、勇敢な一族を前により悩んでしまうかも(笑)
彼の成長過程をより際立たせる設定へと昇華したいところです。

三国伝-異説開伝- 序章13
■主人公 劉備ガンダム

序章の最後の最後で登場の劉備ガンダムさんです。概ね設定はそのままです。
物語は彼が三璃紗の危機を救う英雄の一人となる物語です。
果たしてどうなるやら??
ところで主人公と称しておきながら、第一章で描く予定の発端部分では登場しないかも?(笑)


さて、序章楽しんでいただけましたでしょうか?
おこがましいですが、小説風に書いたことで結構分量が大変です(^^;
とても定期連載に出来るほどの技量はありませんのでまったりと展開していきたいと思います。
途中で挫折しませんように~~~やばい、もうめげそう・・・(笑)
関連記事

コメント

     修正用パスワード :

管理人にのみ公開 :

トラックバック


<<前の記事へ ▲  次の記事へ>>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。