異説三国伝

三国伝ファンの皆様が展開されるオリジナルの物語。
それらを拝見し少し考えていた物語。
まだ形になりきっていない物語。
三国伝と時代設定、舞台は一緒ですが、全く異なる物語です。
翔、機駕、轟という国は存在しますが、その位置すら違います。
またファンタジー路線を強めています。

しかしこれ、皆さんのように定期的にアップする自信全くないです(笑)
そこで考えているのが、原作としてある程度のものを完成させ、
それをブログでの公開用にアレンジしてアップしていく方法。

途中で放棄しそうな気もするけど(笑)
正直毎週続けてる皆さんを大尊敬!!!
まぁ物は試しに反応を見てみようと思い、書いてみた序章を紹介用にアレンジしたものを試しに載っけてみます!

というわけで次ページに(^^)/
感想などお待ちしてます。

 ―序章―

 時は三国の時代――。この物語の舞台である三璃紗の地は三つの大国によって治められていた。

三国伝異説開伝 翔
 三璃紗の東方に位置する徐州を中心として建国された、翔国―。
この国を治める当主の名は公孫瓚イージーエイト。
彼は非常に民思いで人望に厚く、皆から慕われる当主であった。どんな身分の人々にも分け隔てなく平等に接した。
多くを農耕民族で形成されていて、他国と比べると兵数はやや少ない翔国ではあるが、公孫瓚の人望によって集まった武将たちの士気は高く、他国に引けをとらない。

三国伝異説開伝 機駕
 さて場所を移し、三璃紗の南方に位置する荊州を中心として建国された、機駕国―。
この国を治める当主の名は曹操ガンダム。
彼は戦いの中、己の信念を決して曲げることなくその武に寄って正義を貫き通し、機駕を建国するまでに至った。
頑なと呼べる程のその強き信念を宿した彼から発せられるカリスマ性は、敵であった名だたる武将さえも魅了し、後に彼の部下になった者たちも多い。三国一の兵力を有し、もっとも豊かな国である。

三国伝異説開伝 轟
 そして、三璃紗の西方に位置する涼州を中心として建国された、轟国―。
この国を治める当主の名は孫堅ゼフィランサス。
長男孫策サイサリス、次男孫権ガンダム、長女孫尚香ガーベラと多くの家族を持つ。
当主である孫堅は自らの血縁のみならず、自国の武将や民は皆家族であると力説する。
その絆の結びつきは非常に強く、どんな局面においても驚異的な団結力を発揮する。


 さて それぞれの正義と理念で建国された三国。
幾多の戦いの末、三つの大国が等しく力を持つことで均衡が保たれ、それが抑止力となり平和が保たれた三璃紗。
しかし、その平和は悪しき者達により脅かされることとなる・・・。

「・・・様。例の物を発見いたしました。」
「よくぞやった!これで世界は我が手の内に!!」

彼らは求めた悪しき力を手にし、三璃紗の地を混沌へと導く。

ある者は三璃紗の未来を憂う。

「ついにこの時がきてしまったか・・・。三璃紗よ・・・悪しき者達を打ち砕く光の者達を導きたまえ。」

 この物語は同じく三璃紗を舞台とする物語『三国伝』とは似て非なる物語。
時代と舞台を同じくしながら決して交わることのない平行世界。
決して語られることのなかったもうひとつの『三国伝』・・・。
その物語の名は『三国伝-異説開伝-』。
誰も知らない異説への扉が今開かれようとしている・・・。

三国伝異説開伝 劉備

 ―終―
関連記事

コメント

>ろにくいごさん ハルム : 2011/08/10 (水) 02:15:15 修正

コメントありがとうございます!
こういう突っ込み待ってました(笑)
さらしていい部分の設定は色々と書きます~。

>これ四神の東西南北に合わせているんですな

そのまんまです。
三国伝では四神とキャラのイメージ、三国志での配置を考えて犠牲になったんでしょうが、
やはりせっかくなのにもったいないなぁ~と同じく考えておりましたので。

>というより元ネタとして拝借しようかしら(笑

どうぞ~(笑)
いたって普通に考えれそうなネタでもありますしね(^^)

>あえて劉備さんが翔の外側の人間らしいのもなんかいいですね

公孫瓚との兄弟弟子的な設定はそのままなんですが、
公孫瓚を当主にする以上、別に劉備が今おらんでもいいかと考えて国には属していません(笑)

>張飛さんが翔のメンバーにいなかったりするのが・・・

張飛さんは翔国の領土には居ますが軍には入ってませんので、後ほどちゃんと活躍させたいと(笑)
劉備が翔陣営に入ってないこともあり、関羽と張飛との義兄弟設定もこの時点では存在していません。

>姜維さんが初期機駕メンバーに・・・

三国伝の漫画ではガンダム→ザクでしたが、写真でザク顔にしているのは物語に関わってきます。
この理由は物語の早々に明かされますが(笑)

>後の人物が演劇用に解釈して書いた物語というメタフィクションが可能

そうですね~。せっかくなんで漫画やアニメ以上に三国志から大いに外れたいと思います(^^)/
劉備が龍帝剣を探すとこなんかは岸本さんの初期案に近い感じですしね~。
あとは最後の写真で劉備と写ってる孔明さんはかなり外れたキャラにしてます。
キーポイントであり、今のところファンタジックな要素を最も加えた武将ですね。

No title ろにくいご : 2011/08/09 (火) 23:31:38 修正

いきなり国の位置が違うと書かれているのでどんな意図が?とわくわくして読んでたら、つまりはこれ四神の東西南北に合わせているんですな
私も、いくら三国志が元ネタとはいえ、せっかく四神をモチーフにしているのに虎が南で朱雀が北、そんでもって龍が真反対の西に位置しているのは地味に納得いかなかったので、この設定には期待しています
というより元ネタとして拝借しようかしら(笑
あえて劉備さんが翔の外側の人間らしいのもなんかいいですね
張飛さんが翔のメンバーにいなかったりするのが、どうしても空気武将ネタに見えてしまうネット脳には困ります(笑
あと、姜維さんが初期機駕メンバーにいたりするのも、今ではなかったことになっている初期のBB戦士説明書コミックを彷彿とさせていいですね
あれって、司馬ビーさんと同じく、本来はあの時代に生きているはずがないというか、お前何歳だよって三国志ファンに突っ込まれる三国伝特有の年齢詐称ネタなんで個人的に好きなノリなんですよ(笑

三国伝ならば、後の人物が演劇用に解釈して書いた物語というメタフィクションが可能な背景設定があるだけに、こういうのもやりやすいのがいいですよねぇ~

>ヒロアキさん ハルム : 2011/08/07 (日) 10:19:11 修正

コメントありがとうございます!

>これからだね!

まだまだ全然(笑)

>皆の作品をヒントに作り上げて行ってください!
>その時は是非、三国伝演義をよろしく!(笑)

ヒロアキさんや徐庶ZⅡさんの作品がすごく参考になります(^^)/

>マルローネさん ハルム : 2011/08/07 (日) 10:17:28 修正

コメントありがとうございます!

>オリジナル設定の三国伝って面白いですよね~。

設定やらを考えるのはすごく楽しいです!
それを文章にするのがものすごく大変(笑)

>三国伝の小説を公開していました。

おお~読んでみたかったですね!!
設定がすごく面白いですね(^^)
タイムスリップネタは天下統一編思い出します。

>菱星さん ハルム : 2011/08/07 (日) 10:14:00 修正

コメントありがとうございます!

>パラレルワールド設定は個人的にツボです。

別世界通しの関わりは考えていないのですが、
原作の三国伝とは違うんだよ~と言うのを強調するための設定です(^^)

>新たなストーリーに期待してます(^-^)

まずキャラ設定から考え始めてそれなりにアウトラインは構築中です。
出来れば正式に始めていけたらと思ってます(^^)/

 ヒロアキ : 2011/08/07 (日) 00:49:31 修正

これからだね!

皆の作品をヒントに作り上げて行ってください!
その時は是非、三国伝演義をよろしく!(笑)

No title マルローネ(キュアムーンライト) : 2011/08/06 (土) 22:12:49 修正

オリジナル設定の三国伝って面白いですよね~。有料で借りていたHPスペースを解約したため読めなくなってますが三国伝の小説を公開していました。戦国伝の時代からタイムスリップした浮璃駄無(フリーダム)という劉備の子孫である大将軍の息子が主役で闇将軍、董卓に挑む物語です。
真相は幼女にして皇帝となった董卓が戦乱の三璃紗の闇から生まれた黒魔神闇皇帝に支配され闇将軍として暴君になってしまい、最後は龍帝剣の一撃で黒魔神闇皇帝のみを倒し董卓を救う物語です。ちなみに董卓は9歳くらいの幼女って設定です(笑)

 菱星 : 2011/08/06 (土) 20:21:30 修正

パラレルワールド設定は個人的にツボです。
新たなストーリーに期待してます(^-^)
     修正用パスワード :

管理人にのみ公開 :

トラックバック


<<前の記事へ ▲  次の記事へ>>