スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マクロスF サヨナラノツバサ感想!(ネタバレあり版)

前の記事でネタバレなし記事書きましたが、こっちはネタバレあり版です(笑)

次ページから書いてますので、ネタバレOKな方のみ見てくださいね(^^)/

>シェリルの衣装

ウェディングドレス、ナース、軍服、囚人服、ラストのランカとの対となる衣装など。

ドレスは定番として・・・個人的には囚人服が意外といい感じだったかなと(笑)
軍服のりりしい感じのシェリルも良い感じ(^^)/
ランカと対となるファイナルステージの衣装も好きですね!

一番くじは当然出ると思いますが、
A、B賞になるのは各歌姫のファイナルステージの衣装かな??
もしくはウェディングドレスか??

>ランカの衣装

魔法少女、妖精、制服、シェリルと対のファイナルステージの衣装など。

特別凝った衣装というわけではないですが制服姿がなかなか可愛かったな。
ランカのウェディングドレスはイラストのみになってしまいましたね~。

>ライブシーン

今回はさらにライブシーンが多かったな~。

冒頭のシェリル、ランカのライブ、刑務所でのアルカトラズライブ、ファイナルステージ。

シェリルらしい迫力あるライブから、ランカの絵本のような楽しいライブや、
まさかの刑務所ライブ、そして最高潮のファイナルステージ!
見応え満点(^^)/

今作の新曲も個人的にハズレなしで大満足(^^)/
さすが菅野よう子さん!!歌姫2人の特徴をしっかりと表現されていますし、
物語をしっかりと盛り上げてくれます(^^)

刑務所ライブではSMSのメンバーがファイアーボンバーモチーフにしているのがいい感じ!
なぜかゴスロリ女装のアルトは一体(笑)
特に女装する必要はないと思うんだが・・・。ファンサービス??
スカートは前編のシェリルと同じくジェット仕込んでたのでこのためか??

>戦闘シーン

今回も全編迫力あるCG戦闘シーンは圧倒されますね。
スピード感あふれる乱戦に、歌の魅力が相まってどのシーンも最高潮でした!

ただアルトの新型機YF-29デュランダルはもう少し性能を見せ付けても良かったかも?
新型機での戦闘はほとんどブレラとの戦いのみ。
しかもアルトからはあまり手を出さないような物語の展開となるため、
実質的に戦闘的なシーンは控えめにはなっていたような。
見返すと細かいとこにも目が届いてまた変わってくるかもだけど。
とにかくハイスピードな戦闘シーンですしね(笑)

今回の戦闘シーンの見所はもう一点!!
マクロス・クォーターが見せるバジュラ母星への大気圏突入後の波乗りアクション!!
なんだか熱い!とにかく熱い(笑)

>サヨナラノツバサのシェリル・ノーム

今回は冒頭から血を吐くシェリル。
終始体調が悪いながら周りにはいつもの強い彼女であり続けるシェリル。
そしてグレイスの計画は三島に出し抜かれシェリルも監獄行き!

ランカの提案で監獄ライブを計画し、それに乗じてのなぜか女装したアルトが救出(笑)
その後はランカと合流し一曲デュエット!
そこでのシェリルのセリフが「みんな~!脱出するわよ!!」って・・・おいおい(笑)

その後の脱出劇ではブレラによる襲撃などで、シェリルはランカをアルトに託して自分を犠牲に・・・。
アイ君によって助けられていたわけですが、あの時のシェリルの涙が印象的。

というわけで今回も前編同様、ドラマとしてはシェリルメインでしたね。
そういえば幼少期にアルトの舞台を観て感動し自分も歌うからと告げるチビシェリルが可愛かったです!

>サヨナラノツバサのランカ・リー

今回のランカは前編から比べて成長した感が強かったです。
シェリルとは違った魅力で彩る彼女のライブ。

守られる存在からみんなを守る意思を強く持ったランカへ。
ファイナルステージでは助けられなかったシェリルのことを思いつつ、
アルトの答えを予想しつつもアルトに告白するランカ。

様々な想いを抱えてファイナルステージで歌うランカの姿は力強かった!!

>ミハエル&クラン、ルカ

ミハエルとクランはこちらでも再び危機的シーンが訪れたのでヒヤヒヤ!
前編でせっかく死亡を回避出来たので助かって欲しいと願いました。
結果ちゃんと生き残ってよかった(笑)

前編ではナナセの登場がなくなってより空気化していたルカにも
ちゃんと出番が用意されていました(笑)
ナナセとの絡みはなくなりましたが、その代わりに姉との関係でのイベントから、
その後の活躍へと繋がってゆくようになっています。
これに伴い三島とキャサリンの関係の設定は姉の方へ受け継がれたもよう。

>トライアングルの結末

ラスト、アルトは最後にシェリルとランカに気持ちを伝える。
結果最後はかき消されてはっきりとは届いていないですが、
アルトの気持ちはシェリルへ。
しかしアルトはそのまま帰らず。シェリルも力を使い果たしそのまま意識不明。

ラストは墜落して残るアルトの機体の前で
ランカがアルトが帰ってくることを信じつつ歌う。

せっかく決着付いてので普通に結ばれて欲しかった気がするが・・・。
しかし、スタッフロールで流れるエンディング曲のひとつ『dシュディスタb』では、
シェリルとランカのライブを想定した演出で、歌詞とは別に2人のセリフや観客の歓声が収録されています。

セリフ部分は・・・

シェリル「はぁ~いお待たせ!みんなが呼んでくれるなら何時だって奇跡は起きるの。いくわよランカちゃん!」
ランカ「はい!シェリルさん!」
シェリル&ランカ「私たちの歌を聞け~!!」

このやり取りにエンディング後の2人のライブであって欲しいと思います。
それでもアルトの生死は分からないままですが・・・。


なんかやたらと長くなってきたのでこの辺で切り上げます(笑)
とりあえずTVシリーズから続いたマクロスFもこれで一段落!!
是非何かの機会でアルトの帰還やエンディング曲のライブシーンを観れるといいな~と思いました。

最後にどちら派かと言われればシェリル派です。
ただドラマとしての見せ方はシェリルの話がメインになっているのもやはり影響しているのかも。
正直ランカもすごいいい子なんですよね・・・(笑)
特に『サヨナラノツバサ』のランカはとっても活動的。
恋愛の物語はたしかにシェリルの方がメインにはなっていますが、
ランカが居なければ乗り越えられなかったであろう局面がとにかく多い!!
やはりTV版アルトの『お前達が俺の翼だ!』が正しいとさえ思えてくる(笑)
関連記事

コメント

     修正用パスワード :

管理人にのみ公開 :

トラックバック


<<前の記事へ ▲  次の記事へ>>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。