スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三国伝BBW第三十話、三十一話視聴!

三国伝未キット化武将、キット化希望アンケート明日までです(^^)/

■第三十話『再開、幽州』

前話に引き続き総集編混じりです。

国境付近で幽州軍と烏丸族激突!
白馬陣で部隊を乱し、趙雲が必殺技『真空迅』。
見事追い払幽州軍勝利!

そこに茂みから劉備たちが出現!
劉備たちは公孫瓚と共に幽州へ。
劉備は徐州に戻った事を報告。
張飛は趙雲に手合わせを申し込み対決!

劉備と公孫瓚の会話を通して過去の話へ・・・。

慮植先生から龍帝剣を授かる劉備。
馬元義との対決での龍帝剣覚醒。
その後関羽、張飛と出逢い義兄弟になったことを劉備は語る。

黄天ジ・オとの対決で発動した三位一体。
その時の様子を語る張飛に趙雲が拝見してみたいものだと語る。
2人の手合わせを見守っていた関羽が『引き分け』と言い手合わせ終了。

『久々に熱い血がたぎって来た』と言う張飛に関羽は呂布みたいだと言う。
そこで張飛呂布のモノマネ披露。しかし『魂』を『塊』と連呼(笑)
趙雲は『よほど辛い目にあったんですね・・・』と哀れむ。
相変わらず張飛は楽しいネタキャラだね~(^^)

その話から呂布の戦いを振り返る。
肩鎧を切断された張飛や、三位一体で片膝を付かせたエピソード。

続いて関羽と趙雲の手合わせ開始!
董卓戦の回想へ。
呂布隊の面々ががやられ、天玉鎧を呼び出し董卓を倒す呂布。

その時の様子を語る劉備と公孫瓚のシーンへ。

劉備「あの戦いで暴虐の太師董卓は滅びた。」
公孫瓚「だが今だ戦乱の時代は終わっていない。」
劉備「民のためにも俺達が早く戦乱のない三璃紗を作らないといけない。」

公孫瓚は最近烏丸族が倒しても倒しても
復活して攻め入ってくることが気になっていたと告げる。

そんなことを話していた2人の元に幽州の部隊兵が報告に訪れる。
袁紹軍がおよそ100万の兵を率いて現れたと告げる。
烏丸族は袁紹軍と手を組んでいたことが発覚!次回へ続きます。

■第三十一話『激闘白馬陣』

袁紹軍の陣営からスタート。
袁紹の元には玉璽と十極呪導鎧が存在!!
玉璽を呼び出す前から鎧も出現しているとは・・・。

さて、袁紹軍は幽州に攻め込むための作戦会議。

沮授が今まで白馬陣について解説。
それを聞き、田豊に手はあるかと袁紹が訊ねます。
田豊は白馬陣は強力ではあるが、
自分達の扱う本物の兵法があれば子供の遊びも同然と語る。

その作戦を実行するため田豊は張郃の元へ。
自身の部隊の鍛錬をする張郃。
田豊は張郃の部隊に任せると告げます。


一方公孫瓚たちは山を切り開き要塞に仕立て上げた『易京楼』に到着。
そこではすでに趙雲が白馬陣の配置を完了していた。
公孫瓚は劉備たちに易京楼の守りを任せて、
白馬陣で奇襲をかけるために出撃!!

対する張郃の部隊は一列に並び盾を構えて足止めする作戦を展開。
白馬陣の突撃を見事押さえやがて幽州軍が劣勢に追い込まれる。

公孫瓚は趙雲に指揮官を直接叩けと指令を出す。
張郃を発見した朝雲は馬上から飛び降り、張郃と一騎打ちに!

そこへ崖の上の田豊が合図を出し、
戦場の両サイドから矢の雨を降らせる!

矢の雨に敵味方共に次々と倒れてゆく。
このままでは全滅すると判断した公孫瓚は撤退を指示する。
なんとか逃げるが幽州軍も張郃の部隊をかなりの被害を受ける。

自身の部隊を犠牲にされた張郃は田豊に抗議するが・・・
そこへ袁紹が登場。
犠牲は出たが田豊の作戦があったから白馬陣を敗れたと言う。

張郃「だからと言って味方の兵まで巻き沿いにするのですか?
こんなことをしていては閣下に背く者が現れますぞ!!」

張郃は袁紹にそう投げかけますが・・・

袁紹「ならば殺せば良い。敵も味方も関係ない!
わしに従わぬと言うのなら、皆殺しにするまでよ!!」

と冷たく語る・・・。
落胆する張郃と笑う袁紹・・・。

一方公孫瓚は、自分が兵法を使いこなせなかったためだと自分を責め、
伏竜ほどの才能があれば盧植先生の兵法書を使いこなせたのにと語る。

盧植先生の持っていた兵法書は伏竜が記したことを
聞かされた劉備は自分が伏竜を捜し連れて来ると告げる。

手がかりは荊州のどこかに居るということのみ・・・。
しかし劉備は兄貴の力になりたいと告げる。

しかしいくら天才とは言え軍師ひとりではと語る張飛に、
今度は関羽が曹操軍に援護を求めることを提案する。
曹操と一緒に戦えるのか?と疑問の劉備に、
関羽は曹操軍なら袁紹軍の背後をつけると語る。

互いの決意は固く、
劉備と張飛は伏竜捜しへ、関羽は単身曹操の元へと向かい事を決める!

公孫瓚「ありがとう劉備、関羽、張飛。
お前たちが戻るまで幽州の民は俺達が命をかけて守ってみせる!」

公孫瓚も3人の事を信じて待つことを決意する。

劉備「兄貴、趙雲。必ず戻る!」


と、ここで次週へ!
袁紹との戦いも佳境に向かい盛り上がってきましたね(^^)
関連記事

コメント

No title ハルム : 2010/10/31 (日) 13:04:27 修正

>なす。さん

ご指摘ありがとうございます!

分かりやすいかと思ってあえて袁紹軍にしてました(^^)
後ほど少し文章足しておきます!

No title なす。 : 2010/10/31 (日) 12:48:27 修正

国境付近で幽州軍と袁紹軍激突!
袁紹軍ではなく、烏丸族ですね。まあどちらかというと袁紹軍ですが
     修正用パスワード :

管理人にのみ公開 :

トラックバック


<<前の記事へ ▲  次の記事へ>>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。