スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三国伝BBW二十六話視聴!(ネタバレあり)

第二十六話『真の勇気』

袁術ズサレビュー16
さて、今回は孫権がついに目覚める話ですが、
むしろ袁術の魅力爆発の回と言っても過言ではない(笑)
私的には二十六話の主役は袁術!!

詳しくは次ページにて!!

孫策の死を悲しむ孫権に袁術は言い放つ!

袁術「悲しむ必要はありませんよ。なぜならあなたたちも同じ運命を辿るのですから!」

孫権は袁術の言葉に奮い立つ!
曹操軍、劉備たちも加わり、一気に全面戦争へ!

袁術「私には呂布将軍が付いています。
呂布将軍が居る限り、曹操や劉備と言えどもそう簡単には辿り着く事は出来ませんよ。」


と、のんびり玉座で構えて居た袁術ですが・・・。

袁術「えっ?こんな簡単に??」

あっという間に突破され、袁術の間に現れた曹操、夏候淵、夏候惇、劉備、、張飛、関羽の6人。
それにあたふたする袁術。

曹操「袁術!覚悟はいいか!?」

飛び掛るとする面々に袁術は問う。

袁術「いや、まだ覚悟は・・・。
あの~呂布将軍と呂布隊が皆さんの前に立ち塞がったりしませんでしたか?」

張飛「何をごちゃごちゃ言ってやがる!」

どうやら呂布隊はすでに立ち去った様子。
ひたすら怯える袁術は言い訳します。

袁術「ちょ、ちょっと待って下さい。孫策を倒したのは呂布であって私では・・・」
劉備「だまれ!!」


劉備に一括される袁術はさらに続けます。

袁術「来るな! 近寄るな無礼者!!
私は三璃紗の無敵の皇帝え、え、袁術様ですよ!!」


そういって玉璽を掲げ天玉鎧を呼ぼうとする袁術ですが・・・
どうやら前回同様何も起こらず(笑)

曹操「どうやら呂布だけではなく、玉璽にも見放されたようだな。」
袁術「そ、そんな玉璽よ!私に力を貸しなさい!!
玉璽~私は皇帝なんですよ!?無敵の皇帝袁術に力を!!!」


袁術は玉璽をフリフリ(笑)
曹操たちは袁術を無視して全員で切りかかってきました。
しかし・・・攻撃が当たる寸前で玉璽がその力を発揮!!

袁術「うひゃ~ひゃひゃひゃ。きたきたきた遂に来た!!
いやーひゃひゃ、ひゃきゃきゃきゃきゃ」


天玉鎧の力で部屋は爆発!!
曹操たちは外に投げ出されます。
袁術の居たところからは闇のオーラが立ち上る!!

袁術「むてき~むてきむてきむてき!
なんと言うすばらしい力!これが私の天玉鎧!!」


あふれる力に満足する袁術は戦場を飛び回る。
しかし司馬懿は天玉鎧ではなく、袁術が玉璽の闇に飲み込まれたものだと語る。

袁術「これぞ最強!!私は呂布を超えたので~す。」

手に入れた力で、まさにやりたい放題の袁術は、
戦場を縦横無尽に飛び回り攻撃を繰り返します。

孫尚香は必殺技『華天楼』を放ちますが全く歯が立たず!
妹を心配する孫権を背後から襲う袁術。
しかし孫権は攻撃に気づき攻撃をガード。

袁術「孫権あなたもお父上と兄上のように無駄死にしなさい。」
孫権「父さんも孫策兄さんも無駄死になんかじゃない!!
2人は三璃紗の未来の為に戦ったんだ!!!」

袁術「いーひっひっひっひっ。それが、む・だ・じ・にだと言うのです。
誰も私のこの素晴らしい力には敵わないと言うもの!」
孫権「破壊するだけの力を俺は認めない!!絶対に認めないぞ!!!」

袁術「認めなければどうすると言うのです?私を倒すのですが?
あなたが?ひぃ~ひっひっひっ、あなた如きに倒せるわけがありません。
三璃紗は無敵最強皇帝!この袁術様が支配するので~す!!
いゃーひゃひゃひゃひゃきゃきゃきゃっ!!」

孫権「許さない・・・許さない。
いつまでたっても三璃紗に平和が来ないのは袁術!!お前のような奴が居るからだ~!!! 」


父と兄を侮辱された孫権はついに目覚めます。
孫権の魂に導かれ玉璽は袁術の手から孫権の下へ!!

三国伝BBW二十六話再現

孫権「お前だけは絶対に倒す!!!」

遂に『天玉鎧・弩虎』降臨!!

袁術「そ、そんな天玉鎧が何だと言うんですか!私の天玉鎧の方が上です!!」

孫権の天玉鎧・弩虎の突進に突っ込んでいく袁術!!
そして爆発、孫権は見事袁術を撃破する!!
少し離れたところでは、天玉鎧の光を孔明は見守っていた。

天玉鎧と玉璽は役目を終えると孫権を残し、
再び飛び去ってゆく・・・。

孫権が意識を取り戻すと袁術の城は跡形もなく破壊されていた。
その力に驚く孫権・・・。

場所は変わり袁紹の城ー。

部隊兵「袁術様がお見えです!」
袁紹「袁術?知らぬな。知らぬと言ったら知らぬ。
玉璽を持たぬ奴になど用はない・・・」


袁術は天玉鎧・弩虎の攻撃から辛くも逃れ、
命からがら兄・袁紹の元を訪れていたのである。
しかしその扉は開くことなく、その場を立ち去る袁術。

袁術「そんな兄上、兄上・・・げほっげほっ」

雨の中蜂蜜の壷を片手にひとり咳き込みながら歩く袁術・・・。
遂に力尽き倒れこむ袁術。
袁術は倒れこむ時に手に持っていた蜂蜜の壷を落とします。
蜂蜜の壷は無残にも割れる・・・。

袁術「あああっ・・・あっ・・・はちみちゅなめたい・・・」


哀れな袁術・・・。後に袁紹と合体するので死んではいないと思いますが。
しかし最後の言葉が「はちみちゅなめたい」(笑)

曹操たちとのやり取りもやたらコミカルで笑えました(笑)
袁術いいキャラしてます!さすが蜂蜜将軍!!
今回はあまりに楽しかったので袁術の名(迷?)言を増量しました!

次回は甘寧たち水賊が登場のようです(^^)
関連記事

コメント

     修正用パスワード :

管理人にのみ公開 :

トラックバック


<<前の記事へ ▲  次の記事へ>>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。