スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三国伝BBWアニメ感想消化!(ネタバレあり)

■第十八話『江東の小覇王』

寿春に城を構えた袁術は、
江東に進出した孫策が玉璽を狙っていると勘違いする。
紀霊は水軍を使い孫策を倒すことを提案。
袁術に急かされ、早速孫策たちの元へ!

一方孫策軍の面々は、陸遜たち江東の民となごみ中~!
竹に魚を入れて料理を作っていました。
そこへ紀霊たちが攻めてきます!

父孫堅の敵、紀霊に対して怒りをあらわにする孫策。
しかし袁術軍の水軍の方が優勢!!
周瑜は孫策に作戦を提案。

周瑜の作戦は、
竹やぶに紀霊たちをおびき寄せ、
陸遜と孫尚香に竹を燃やして出てきた煙で足止めさせます。
その隙に孫策たちは水軍の船を制圧!!

再び紀霊たちは竹やぶに退散しようとすると、
そこに陸遜と孫尚香が!

孫尚香に襲い掛かる紀霊でしたが、
ここに太史慈登場!!
見事紀霊を退け、彼らは撤退。
太史慈は孫策たちと共に行くことを決意したと宣言。
そして、周瑜の作戦を見て、感銘を受けた陸遜は周瑜の弟子に。


今回の話では、太史慈の登場シーンが熱かったですね(^^)/
しかし水軍あっという間に制圧され、
紀霊はいいとこなしの間抜けな感じに(^^;
次回の話でも袁術にお説教されますしね(笑)


■第十九話『皇帝宣言』

続いて十九話です!

冒頭のシーンにて、
袁術さんのハチミツあーんシーンが(笑)
ハチミツ食べさせてもらって「ハチミチュあま~い」のセリフ(爆笑)
こりゃハチミツの壷が欲しいですな。

さて孫策軍に大敗した紀霊と水軍。
紀霊の提案で今度は、
武力を十分に持たない劉備たちの居る徐州を攻めることを提案。
袁術もその提案にのり、自らも出陣することを告げます。

玉璽を持つ袁術の元に集まる武将達・・・。
この回にて、どうやって彼に玉璽が渡ったのかについての回想が流れます。
董卓との戦闘後、玉璽と共に飛び去った呂布。
そこに袁術が通りかかり玉璽を手にします。
しかしまだ生きていた呂布に驚き一度は返そうとします。

呂布は自身に戦いの場を与えてくれるなら、
玉璽はくれてやると提案。
こうして呂布は、袁術の元で戦いに身を置く事に・・・。

一方劉備たちは、
民と共に畑を耕していました。
やがてご飯の時間になりますが、
畑仕事ばかりだけだと腕がなまると文句を言っていた張飛は、
もう少しだからと居残ります。

民と共に歩く劉備は思います。
みんなの笑顔に囲まれ、くたくたになるまで畑を耕して、
たっぷり食べて、ぐっすり眠る。
そんな生活が自身の理想だと・・・。

そして畑に残った張飛ですが、
彼の元に袁術軍が出現!!
紀霊はいきなり攻撃を放ち、耕した畑を破壊!!

張飛は紀霊と対決!
そして必殺技『爆裂大雷蛇』で撃退!!
紀霊初登場以来、ほんとにいいとこないな(^^;

張飛は崖の上に居る袁術のところまで向かいますが、
彼の目の前に現われたのは呂布!!
呂布は必殺技『暴風激烈斬』を放つ!!
ここで張飛がやられそうな予感を漂わせつつ次回へつづく!!

次回は『徐州陥落』。
劉備の理想へはまだまだ試練が多いですね。
関連記事

コメント

     修正用パスワード :

管理人にのみ公開 :

トラックバック


<<前の記事へ ▲  次の記事へ>>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。