スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三国伝十二話視聴!(ネタバレあり)

海外のキャンペーン品の
戦馬に装着可能な追加武装の詳細写真が公開されてますね~。
欲しいですね(^^;日本でも何かキャンペーンが始まって欲しいですね!

さて三国伝BBW十二話が放送されましたね!

■第十二話『決戦前夜』

今話は郿宇城での決戦までの話になっています。
それぞれ行動していた劉備たちと公孫瓚軍、曹操軍、孫策軍が終結します!
連合軍でありながら袁紹と袁術軍は見事に不参加ですね(笑)

郿宇城までの道中、劉備は食料の魚を釣ろうと川に行くと、
先客の孔明と出会う。
孔明は魚釣りに絡めて劉備にいろいろと問います。
そこへ追ってきた張飛が現われ、孔明はいつのまにか姿を消します。

そして場面は董卓の元に向かうそれぞれの陣営に。
劉備、曹操、孫策・・・それぞれの正義のため、各々董卓を討つことを誓う!
すると董卓の元にある玉璽からは金色のオーラが空高く舞い上がる!!

その光の柱を見た孔明は、三侯と天玉鎧の予言を語る。
そして司馬懿は劉備、孫策、曹操の三人が伝説の三侯だろうと予測します。
漫画版から知っている身としては、三侯として目覚める孫権のシーンが楽しみですね(^^)/

そして三侯だけではなく呂布も玉璽の輝きに反応し、
己の魂が正体不明の高ぶりを感じます。
真キットでの天玉鎧を操る呂布のシーンへの伏線もしっかり入っていますね(^^)

そしてついに終結する連合軍!
彼らの終結を目にし、呂布隊の面々も戦いの地に赴きます。

その頃董卓と李儒は、戦場に矢を放ち、
味方もろとも連合軍を倒す作戦を語ります。
徐晃はその作戦に反対しますが、董卓に城から突き落とされます。

そしてついに戦いの幕が上がります!!
董卓はその戦場に向けて矢を放ち、次回へと続きます!

今回は決戦前夜のため戦闘シーンは次回にお預けですが、
次回の戦いに向けて大いに盛り上げてくれる回でしたね(^^)

次回の決戦が楽しみですね!!
関連記事

コメント

     修正用パスワード :

管理人にのみ公開 :

トラックバック


<<前の記事へ ▲  次の記事へ>>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。