スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

漫画の話~!

玄武装呂布のレビューを進めていくために
本格的にポージングとかいじってみましたが、
可動の自由度が高い分、
自身のポージング能力がついていかない罠が(笑)
かっこよくポージングするのはなかなか難しいですね(^^;

さて、今日はそれ以上三国伝ネタがありませんので、
漫画の話題を(^^)/
次ページで最近読んでるのとか好きなやつとか少しだけ(?)紹介!


漫画ハガレンとか

左から順に鋼の錬金術師、絶対可憐チルドレン、あまんちゅ。

『鋼の錬金術師』は漫画好きな人には今更説明不要ですね(^^)

母親の死を錬金術で生き返らそうとして錬金術を行うが、
兄エドは左脚、弟アルは体全てを代償として奪われ、しかも練成は失敗。
エドは更に右手を代償に弟の魂を鎧に定着させます。
そして二人は自身の体を取り戻すべく旅をして行くというお話しです。
初連載にしてスクエニ系コミックで最高記録です。
現在24巻まで出ており、
長く続くストーリー物はだんだん失速していく作品が多い中、
常に高いテンションを保ち続けているのがすごいと思います。
初連載でこんなけ面白いの作ってしまうと終わった時が大変そうですね(^^;
ちなみに今の話が最終章だとか。
物語はダークファンタジーですがギャグがバランスよく配置されています(^^)

『絶対可憐チルドレン』はサンデー連載の漫画です。
『GS美神』の作者椎名高志先生の作品です。
エスパー(超能力者)とノーマル(普通の人々)が共存する世界を舞台にしたお話です。
小学生だけど最高レベルの超能力を持つ3人の少女と、
彼女達が所属する特務機関バベルの社員にして主任の皆本との交流を
任務を通して描いたお話です。
初期の頃に未来にエスパーとノーマルとの戦争が起こると予言されており、
その未来が実現するのかしないのかが物語の核となります。
椎名先生の作品らしくシリアルとギャグのバランス感覚が絶妙!!
ギャグシーンは結構ベタですが、そこがまたいいんです(笑)
『GS美神』以降大きなヒットはなかったですが、
『絶チル』はそれ以来のヒット作になってます(^^)/
現在19巻で少女たちも中学生になりました!!

最後に『あまんちゅ』。
これはダイビングを題材にした作品です。
アニメにもなった『ARIA』の作者天野こずえ先生の最新作です。
今月に2巻が発売されるところなので、
まだそれほど大きな展開はなく作品自体の感想は述べにくいのですが、
天野先生の作品は初連載作品の『浪漫倶楽部』以来のファンです(^^)/
天野先生のキャラクターはとても活き活きしていて躍動感があるのが特徴です。
物語はほのぼのしたものが多く、
特に前作品の『ARIA』は癒される感じです(^^)/

もっと写真撮りましたが、
このペースで説明していたら大変なことになるので
今日はこの辺で(^^;

長文、読んでいただいてありがとうございます(笑)
関連記事

コメント

No title ハルム : 2010/02/08 (月) 00:24:14 修正

>000さん

コメントありがとうございます!

詳しくありがとうございます(笑)
『魔法陣グルグル』持ってますよ(^^)
なつかしい(笑)
ちなみに『キタキタ』も読んでますよ(^^)/
ってか古い作品なのによく知ってます~。
『南国少年パプワくん』も本誌で読んでましたよ!

『銀玉』も有名ですね(^^)
ジャンプは『ワンピース』が一番好きですね。
はなから完全版狙いでコミック買ってませんが(笑)

No title 000 : 2010/02/07 (日) 23:44:13 修正

う~ん、どれも読んだことない(笑)
自分が読んでいるのは、
「魔法陣グルグル」「南国少年パプワくん」「銀魂」
くらいですね。
魔法陣グルグルは300年前に封印された魔王ギリが復活したのでジミナ村の主人公少年ニケが勇者にしたてられ無理やり旅させられたというギャグ漫画です。
この漫画はもう連載終了したのですが、スピンオフとして武勇伝キタキタがネットで連載中です。
南国少年パプワくんはパプワ島にすむ主人公パプワくんが島にすむ様々な生物(なまもの)とある事情で島に漂流したシンタローのギャグ漫画です。
こちらも連載終了したけど続編としてPAPUWAが連載されてました(現在は連載終了してます)
銀魂は江戸時代をテーマにつくられた漫画で、侍の国とよばれていた江戸に天人(あまんと)がせめこんできて幕府はその天人の要求をあっけなくうけてしまっていまは違人がふんぞり返る世の中にてきとーに生きている主人公坂田銀時がいろんな事件にまきこまれていく話です。
これは週刊ジャンプに連載されていてまだ連載中です。登場人物の名前がほとんど歴史の人物の名前をもじった名前です。ちなみに宇宙人という表記はでておらず、すべて天人かエイリヤ(ア)ンと書かれております。あと、下ネタが多くセリフが長くて作者がチーズ蒸しパンになりたいとおもいながら書いてる作品です。小説もあります。
ちなみにこの3つはアニメ化されていますし、すごくオススメです!ブックオフに売ってたら読んでみれば?な、作品ばかりです。
長すぎる文章を書き込んだのはこれが最初で最後だと思います見てくれてありがとうございました。あといろいろとすいません。

No title ハルム : 2010/02/07 (日) 22:58:20 修正

>らわんさん

コメントありがとうございます!

カクカたん不運ですね(^^;
CWでの扱いは・・・。
ケロケロ版では最終回でも活躍しそうですが(笑)
すぐ司馬懿先生に吸収されるかもしれませんが。

絶チルはアニメはなじめず2、3話で
見なくなりましたね(^^;
アニメより原作が面白いことは多々ありますね~。
残念(^^;

No title らわん : 2010/02/07 (日) 22:26:53 修正

ちょっと遅れてカクカたんのレビュー見ました!
孔明・周瑜などの強キャラと連戦(汗)
不運だなぁ。

鋼は説明不要な神漫画!
絶チルアニメでは見た事あります!
     修正用パスワード :

管理人にのみ公開 :

トラックバック


<<前の記事へ ▲  次の記事へ>>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。